トレンド

大阪万博のロゴをデザイン(作者)した人はだれ?審査員や”コロシテ”の意味を解説

大阪万博のロゴ

大阪万博のロゴ不気味すぎませんか?

2025年に開催される大阪万博の公式ロゴマークが発表されました。

『自由ないのちの輝き』をテーマにデザインされたそうですがSNS上では大きな反響をよんでいます。

今回は

  • 大阪万博のロゴをデザイン(作者)した人
  • 大阪万博のロゴの審査員
  • 大阪万博のロゴの”コロシテ”
  • 大阪万博のロゴを2025年と1970年バージョンで比較

についてまとめてみました。

大阪万博のロゴをデザイン(作者)した人はだれ?

大阪万博のロゴデザイナー

大阪万博のロゴをデザイン(作者)したのは「TEAM INARI」というチームです。

TEAM INARIの代表者はシマダタモツさん。
メンバーは雨宮深雪氏、大亦伸彦氏、上村慎也氏、布川侑己氏、藤澤勇佑氏。
デザイナー3人、コピーライター1人、イラストレーター1人という構成です。

大阪万博のこのロゴをイメージしたキッカケは?

大阪万博のロゴ

シマダタモツさんはこのデザインを、1970年大阪万博の象徴「太陽の塔」からイメージしました。

「小さいころに万博で見た岡本太郎さんの太陽の塔のような、パンチのあるロゴにしたかった。」とコメントしています。

たしかにパンチが効きすぎてる気がします笑

 

ちなみに太陽の塔はこちら↓

太陽の塔

太陽の塔も1970年当時、最初はかなり批判されてたみたいです。

「妙なコケシ人形」「なんだあの牛乳瓶の化け物は」「こんなものを万博のシンボルにするのは日本の恥辱だ」等と批判されていました。

もしかしたらシンボルとは時間とともに浸透していくものなのかもしれませんね。

大阪万博のロゴの審査員は誰?

大阪万博のロゴ 審査員

2025大阪万博のロゴを審査したのはこの方たちです。

石川 竜太  (アートディレクター、株式会社フレーム代表取締役)
伊藤 透   (公益社団法人日本パッケージデザイン協会 理事長)
岩上 孝二  (デザインプロデューサー、崇城大学芸術学部 教授)
小川 明生  (グラフィックデザイナー、株式会社ティ・エム・シー代表取締役)
カイシトモヤ (アートディレクター、東京造形大学 准教授)
鎌田 順也  (アートディレクター、グラフィックデザイナー)
官浪 辰夫  (デザインコンサルタント)
木住野 彰悟 (アートディレクター、グラフィックデザイナー)
関本 明子  (グラフィックデザイナー、アートディレクター)
辰巳 明久  (京都市立芸術大学 美術学部 教授)
田中 光敏  (学校法人塚本学院 大阪芸術大学 教授 <映画監督> )
出口 智彦  (株式会社モノクロ 代表)
永井 一史  (公益財団法人日本デザイン振興会 理事)
藤田 春香  (株式会社京都アニメーション 演出)
増永 明子  (グラフィックデザイナー)
水野 学   ( クリエイティブディレクター、 good design company 代表)
宮崎 桂   (公益社団法人日本サインデザイン協会 会長)
吉岡 恵美子 ( キュレーター、 京都精華大学 副学長)

大阪万博のロゴ選考の流れ

  1. デザイン審査:専門家(審査員)によるデザイン性の評価
  2. ロゴマーク選考委員会 第一回:ロゴマーク選考委員による選考
  3. 知的財産関連調査:国内外の商標、著作権に違反していないかを調べる
  4. 一般意見募集:最終候補作品を一般人に公開して意見をもらう
  5. ロゴマーク選考委員会 最終:一般意見を踏まえ、ロゴマーク選考委員会が作品を決める

大阪万博の運営によると、審査員が関わるのは最初の「①デザイン審査」だけで、あとはロゴマーク選考委員会が決定権を持っているようです。

なので審査員があのロゴを選んだのではなく、ロゴマーク選考委員会が選んだことになります。

ちなみにロゴマーク選考委員会のメンバーは”非公開”でした。

大阪万博のロゴの”コロシテ”の意味は何?

大阪万博のロゴについて調べていると、ツイッター上で”コロシテ・・・”と謎のワードがヒットしていました。

”コロシテ”とは漫画やゲームに登場する「実験で失敗して生み出されてしまったクリーチャー」のことを指して呼ばれているようです。

たしかにクリーチャーに見えなくもないですね笑

大阪万博のロゴを2025年バージョンと1970年バージョンを比較してみた

大阪万博のロゴ1970と2025

大阪万博のロゴを1970年と比較してみるとデザインが少し似ているように思います。

1970年は桜をモチーフにしており、穴の空いたところが2025のロゴとそっくりですよね。

シマダタモツさんは「太陽の塔」からイメージしたとコメントしていましたが、1970バージョンも参考にしたのかもしれません。

大阪万博のロゴ まとめ

今回は大阪万博のロゴにまつわる気になることをご紹介してきました。

大阪万博のロゴ まとめ
  • 大阪万博のロゴをデザインしたのはTEAM INARI
  • 審査員が関わったのは最初だけで実際はロゴマーク選考委員会が決めた
  • ”コロシテ”は実験で失敗して生み出されたクリーチャーに似ているから

大阪万博のロゴはかなり不気味だとツイッター上で話題になっていて、デザイナーが誰なのか気になる方も多かったです。

個人的には審査員があのロゴを選んだのではなく、ロゴマーク選考委員会(メンバー非公開)が決めたことに少し驚きました。

一般人の意見も参考にしたとのことですが、あなただったらこのA~Eの中のどれを選びますか?

大阪万博のロゴ 候補

最後までご覧いただきありがとうございました。

【コロシテくん】気持ち悪いと話題の大阪万博ロゴ、創作アニメ・イラストで世界トレンド2位になる!おもしろ創作まとめ今、話題の大阪万博ロゴで選ばれたデザインのツイッターアレンジまとめを紹介! https://www.manningaudio.co...