ライフスタイル

台風のとき物干し竿は下ろす?ストッパーで固定?シーン別対策方法まとめ!

台風で風が強くなるとベランダの物干し竿を下ろすべきか、ストッパーで固定したほうがいいのか迷いますよね。

ベランダの下は駐車場になっていたり、万が一歩行者がいたらと考えると対策しないと怖いなと感じる方も多いはず。

今回は沖縄在住で何度も台風を経験している私が、台風のときの物干し竿の取り扱い方について対策方法をまとめてみました。

台風のとき物干し竿は下ろす?

台風 物干し竿 固定

台風のとき物干し竿は基本的に下ろさなくてもいいです。
ストッパーや紐などの固定でOKです。

ベランダにある物干し竿は屋外で使うことを目的に作られているので、重量感があり飛ぶことや外れて落ちることはありません。

ただし例外として次のシーンに当てはまる方は、台風のとき物干し竿は下ろしたほうがいいです。

  • 物干し竿のサイズが短い人
  • マンションの高階層に住んでる人
  • 軽量タイプの物干し竿を使っている人
  • ベランダの風通りがいい場所に住んでる人
  • 超大型台風がきたとき

一つずつ解説していきます。

物干し竿のサイズが短い人

重量感のある物干し竿でも、サイズが短いと台風でずれて落ちる危険性があります。

その理由は雨の影響で摩擦部分が少なくなったところを、台風の突風が物干し竿を少しずつずらしていくからです。

物干し竿のサイズにゆとりがあれば大丈夫ですが、短くて心配な方は物干し竿を下ろすことをおすすめします。

マンションの高階層に住んでる人

台風は遮蔽物が少ないほど突風の勢いが強まります。

マンションの高階層だと周囲に同じ高さの建物が少ないため、台風の突風をダイレクトに受けるので危険です。

そのため重量のある物干し竿でも、地面におろして結束バンドや紐で固定しましょう。

軽量タイプの物干し竿を使っている人

軽量タイプの物干し竿は、台風の突風で飛ぶ危険性が高いため下ろす必要があります。

物によっては室内に入れておくのもアリです。

軽量タイプの物干し竿はスチール製やアルミ製で軽く、伸び縮みする伸縮タイプや連結するタイプがあり室内での保管も簡単だからです。

ベランダの風通しがいい場所に住んでる人

ベランダの風通しがいい場所は、台風時に突風が吹き付けるため物干し竿対策が必要です。

物干し竿が重く長めのタイプなら、紐や結束バンド固定で十分ですが、心配な方は下ろして飛ばないように固定すると安心です。

超大型台風がきたとき

今回の台風9号のような超大型の場合、物干し竿は必ず下ろしてテープや紐できつく固定しましょう。

台風のとき物干し竿はストッパー固定するべき?

台風 物干し竿 ストッパー

台風のとき物干し竿は必ずストッパー固定しましょう。

ストッパー固定することで落下トラブルや飛んでいく被害を防げます。

とくに大型台風がやってくるのが分かったときは早めにストッパー固定することをおすすめします。

物干し竿のストッパー固定はイオンやホームセンターなどで売られている2個入り400円でもいいですが、必要な時に売り切れてたりするのでAmazonで買っておくと安心です。

ちなみに我が家ではホームセンターで買った荷造りひもを使っています。これ↓

荷造りひも

2~3ヶ月で劣化しますが300円くらいで買えてお得です。

ひもが解けるのが心配な方、台風のたびに結び直すのが面倒な方はAmazonで売られてるストッパーがおすすめですよ。

まとめ

今回は台風のときの物干し竿の取り扱い方についてご紹介してきました。

台風のとき物干し竿対策まとめ
  • 基本的に物干し竿は下ろさず固定でOK
  • 例外的に下ろしたほうがいい人もいる
  • ストッパーで固定したら安全

これから台風が増える季節なので、ベランダの物干し竿対策以外にも
数日間の断水、食料不足、電灯などの防災グッズも備えておきたいですね。

でも緊急時に防災グッズを集めるのは大変なので、今すぐ対策したい方はこの『3日間生き抜くための35種類38点防災セット』もおすすめですよ。

ディフィンドフューチャー

最後までご覧いただきありがとうございました。

【コロシテくん】気持ち悪いと話題の大阪万博ロゴ、創作アニメ・イラストで世界トレンド2位になる!おもしろ創作まとめ今、話題の大阪万博ロゴで選ばれたデザインのツイッターアレンジまとめを紹介! https://www.manningaudio.co...